町営住宅の入居者を募集します

三島町町営住宅の入居者を、下記により公募します。

 

中乙田団地

 

1、公募団地   中乙田団地

 

所 在 地  三島町大字宮下字中乙田地内

構  造  1階鉄筋コンクリート造、2階木造建て

戸  数  2戸

 

間 取 り  

1階 車庫、物置

2階 11畳1間、台所(IHクッキングヒーター付)、ユニットバス、洗面所、トイレ、サンルーム、ロフト、冷暖房設備(エアコン)、 給湯設備(エコキュート)、クローゼット 全室オール電化

 

入居資格  町内に住所または勤務地(予定を含む。)のある方で、概ね45歳までの単身者

 

2、家  賃  3万円

 

3、入居時期  随時

 

4、申込方法  下記の書類を添えて、役場窓口または産業建設課 建設係までお申し込みください。

 

<申し込みに必要な書類等>

① 入居申込書(役場窓口にあります)

② 所得を証明する書類(平成30年分の源泉徴収票又は市町村町の発行する所得証明書)

③ 住民票(申込者本人と同居予定者の世帯全員分。)

④ 印鑑

 

5、申込期限  随時(先着順)

 

6、入居の決定  資格審査の上決定します。入居決定者の方は連帯保証人が1名必要となります。

 

※ その他不明な点は、産業建設課 建設係までお問い合わせください。

(電話 48-5566)

平成30年  行政職の等級及び職制上の段階ごとの職員数

 

平成29年  行政職の等級及び職制上の段階ごとの職員数

 

平成28年度 給与 

 

平成28年  行政職の等級及び職制上の段階ごとの職員数

 

平成27年度 給与

 

平成26年度 給与

 

平成25年度 給与

 

平成24年度 給与

 

平成23年度 給与

 

平成22年度 給与

 

平成21年度 給与

 

平成20年度 給与

 

平成19年度 給与

 

平成18年度 給与(1)

 

平成18年度 給与(2)

現在、下記の三島町地域おこし協力隊を募集しております。

 

【目的】

  農業の担い手が減少し、耕作放棄地が増加している。このため町が出資して設立した農業法人、桐の里産業株式会社が農地を借り受け、水稲及び園芸、畑作を実施し、耕作放棄地の増加防止と中山間農業経営の確立を目指しているが、社員の定着が図れず、慢性的な人手不足となっている。 

 桐の里産業株式会社の支援を図り、耕作放棄地の増加防止及び中山間農業の振興に寄与するために、地域おこし協力隊を募集する。

 

【雇用関係の有無】

 あり

 

【業務概要】

  農業法人での農業従事
 ① 水稲生産
 ② 園芸作物等の生産・販売(野菜、エゴマ、そば等)
 ③ 特産品の開発及び販売、情報発信に関する活動
 ④ その他、農業振興等を通じて地域が元気になる活動

 

【募集人数】

 1名 (現在1名活動中)

 

【募集対象】

 ①地域になじみ、心身ともに健康で、健全な人間関係のもとに活動できる方
 ②三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎・山村・離島・半島等の地域に該当しない市町村)から三島町に住所を移し、居住できる方。
 ③概ね年齢20歳以上40歳未満の方。
 ④普通自動車免許を有する方。
 ⑤パソコン(ワード・エクセル・メール等の基本操作)ができる方。
 ⑥地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条件に該当しない方。

 

【勤務地】

 三島町出資法人 桐の里産業株式会社

 

【勤務時間】

 ○原則として週5日勤務
 ○農業のため、繁忙期には休日出勤及び早出勤があります。

 

【雇用形態・期間】

 ○三島町地域おこし協力隊として三島町長が委嘱します。
 ○期間は、採用の日から、平成31年3月31日までとし、1年度ごとに最長3年間まで更新があります。
 ○地域おこし協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であっても解雇することがあります。

 

【賃金等】

 経験や資格免許等に応じて、月額160,000円~208,000円 (賞与なし)

 

【福利厚生】

 ①社会保険(健康保険・厚生年金)・雇用保険に加入します。(自己負担があります)
 ②住居については町が指定した住居とし、家賃の自己負担はありません(町負担)。
   その他の生活費(光熱水費等)は自己負担となります。

 

【申込受付期間】

 随時受付

 

【提出書類】

 ①市販の履歴書(写真貼付)
 ②所定の応募用紙(用紙は郵送しますのでご連絡ください)

 

【選考】

 1次 書類審査
     ※合否は文書で通知し、合格者には2次試験の日時等を連絡します。
 2次 筆記、面接試験
     ※合否は文書で通知します。

 

【応募先】

 三島町役場 産業建設課産業係 担当:北舘 亮
 〒969-7511 福島県大沼郡三島町大字宮下字宮下350
 ☎0241-48-5566  メール sanken@town.mishima.fukushima.jp

現在、下記の三島町地域おこし協力隊を募集しております。

 

【目的】

  町特産である桐製品は、職人が少なくなっており、後継者の育成が大きな課題である。そのため、桐製品作りと桐振興の担い手となる職人を育成することを目的として、地域おこし協力隊を募集する。

 

【雇用関係の有無】

 あり

 

【業務概要】

 ① 桐製品作りの技術習得
 ② 桐製品の開発及び販売、情報発信に関する活動
 ③ 桐の栽培育成に関する活動
 ④ その他、桐振興等に関する活動

 

【募集人数】

 1名

 

【募集対象】

 ①心身ともに健康で、地域に馴染み、健全な人間関係のもとに活動できる方
 ②三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎・山村・離島・半島等の地域に該当
  しない市町村)から三島町に住所を移し、居住できる方。
 ③概ね年齢18歳以上30歳未満の方。
 ④普通自動車免許を有する方。
 ⑤地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条件に該当しない方。

 

【勤務地】

 三島町出資法人 会津桐タンス株式会社

 

【勤務時間】

 ○原則として週5日(隔週6日)、お盆等の連休あり
 ○原則として午前8時から午後5時まで(正午から午後1時まで休憩時間)
   ※活動内容によっては、土日祝日勤務もあります。(代休あり)

 

【雇用形態・期間】

 ○三島町地域おこし協力隊として三島町長が委嘱します。
 ○期間は、採用の日から、平成31年3月31日までとし、1年度ごとに最長3年間まで更新があります。
 ○地域おこし協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であっても解雇することがあります。

 

【賃金等】

 月額170,000円~ (賞与なし)

 

【福利厚生】

 ①社会保険(健康保険・厚生年金)・雇用保険に加入します。(自己負担があります)
 ②住居については町が指定した住居とし、家賃の自己負担はありません(町負担)。

その他の生活費(光熱水費等)は自己負担となります。

 

【申込受付期間】

 随時受付

 

【提出書類】

 ①市販の履歴書(写真貼付)
 ②所定の応募用紙(用紙は郵送しますのでご連絡ください)

 

【選考】

 1次 書類審査
     ※合否は文書で通知し、合格者には2次試験の日時等を連絡します。
 2次 筆記、面接試験
     ※合否は文書で通知します。

 

【応募先】

 三島町役場 産業建設課産業係 担当:北舘 亮
 〒969-7511 福島県大沼郡三島町大字宮下字宮下350
 ☎0241-48-5566  メール sanken@town.mishima.fukushima.jp

町営バス<平成30年4月2日~>

 

町営バス運行時刻表

※平成30年4月2日から町営バスの時刻表が改正されました。

 

デマンドバス<平成30年4月2日~>

 

デマンドバスの利用案内

 

予約センターの受付時間は8時30分から16時までです。

 

デマンドバスの詳しい使い方はこちら

 

デマンドバス運行時刻表①

デマンドバス運行時刻表②

平成29年度

農林水産物の安全・安心を確保するため、福島県では原則として出荷前に放射能検査(モニタリング検査)を行っています。

各分類ごとの検査体制については、下記のとおりとなっています。

※野生のこしあぶらと全ての野生きのこについては、当町では現在出荷制限がかかっておりますので、モニタリング検査を受けても出荷することはできません。

<米の場合>

  • 検査区分:全量全袋検査
  • 検査単位:全ての量(玄米で30kg袋ごと)
  • 検査時期:出荷開始前
  • NaI等による自主検査での販売:×

<大豆、そば、小豆、その他雑穀の場合>

  • 検査区分:モニタリング検査
  • 検査単位:市町村(品目別)
  • 検査時期:出荷開始前
  • NaI等による自主検査での販売:×

<野菜・山菜・果実類等の場合>

  • 検査区分:モニタリング検査
  • 検査単位:市町村(品目別)
  • 検査時期:原則として出荷開始前から出荷初期段階
  • NaI等による自主検査での販売:○(園芸作物の必須品目以外に限る)

<栽培きのこの場合>

  • 検査区分:モニタリング検査
  • 検査単位:生産者ごと(品目別)
  • 検査時期:出荷開始前の発生初期
  • NaI等による自主検査での販売:×

 

各分類ごとのモニタリング検査の詳細や手順については、別添ファイルを参照ください。

 

 

県のモニタリング検査結果については、こちらのホームページでご覧になれます。

 

※ まだ検査していない品目についてモニタリング検査にご協力いただける方は、役場産業建設課までご連絡ください。

 

何か不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。

 

〇その他農林水産物等の放射性物質検査について

農産物等の放射性物質モニタリングQ&A

きのこ、山菜類のモニタリングと出荷制限品目・市町村について

<人・農地プランについて>

「人・農地プラン」は、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。

農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの「人と農地の問題」が深刻となっている今日では、5年後、10年後の将来展望が描けない集落・地域が増加しています。

そこで、地域の問題を解決するため地域の話し合いによりプランを作成し実行することで、「人と農地の問題」を一体的に解決しようとするものです。

 

 

<三島町人・農地プランの公表について>

平成29年3月17日開催の三島町人・農地プラン検討会において、三島町・人農地プランが見直し・更新されたので、農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項に基づき、別添ファイルのとおり公表いたします。

※ 人・農地プランは集落や地域の現状を反映させるため、最低でも毎年1回は見直しを行います。

 

三島町人・農地プラン(公表用)

 

 

<関連リンク>

 平成28年12月22日、三島町は、三島町商工会並びに会津信用金庫と下記の包括連携協定を締結しましたのでお知らせします。

 

1.協定名称 

 三島町、三島町商工会及び会津信用金庫との地方創生に係る包括連携に関する協定

2.協定の趣旨・目的 

 町、三島町商工会及び会津信用金庫が、三者間で緊密に連携することにより、それぞれの持つ機能や資源、強みを生かし、協働で諸課題に取り組むことで、地域社会の活性化及び住民サービスの向上を図り、地方創生の実現に資することを目的としています。

3.協定の内容 

(1)地域経済の活性化に関すること

(2)地域産品の販売及び観光の振興に関すること

(3)地域及び暮らしの安全・安心に関すること

(4)地域社会の活性化及び町民サービスの向上に関すること

4.その他 

 包括連携協定の締結にあわせて、同協定の内容に関連し、町と会津信用金庫間で「定住促進・空き家対策事業に関わる業務連携の覚書」を取り交わしました。これは、三島町への定住促進や空き家の有効活用を図るため、相互に連携することにより、支援を円滑に行い、もって地域経済の活性化に資することを目的としています。

 

 

 st1222_1st1222_2

三島町商工会、会津信用金庫との包括連携協定について

詳しくは、こちらのPDFファイルをご覧下さい

お問合せ先

町民課

所在地:〒969-7511 福島県大沼郡三島町大字宮下字宮下350

TEL:0241-48-5555(町民係) /0241-48-5565(保健福祉係) FAX:0241-48-5544

MAIL:choumin@town.mishima.fukushima.jp

Top