文化財防火訓練を実施しました。

毎年1月26日は,「文化財防火デー」です。

文化財防火デーの制定は,昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことに基づいています。

三島町にも各地区に貴重な文化財が多数あり、この文化財防火デーに合わせて町消防団や町民の方々による「文化財防火訓練」を実施しています。

 

みしま2みしま3

 

今回は1月27日に大登地区で文化財防火訓練を実施しました。

地区住民の方々による火事ぶれ、通報訓練、文化財持ち出し訓練、機能別団員消火栓を用いた消火訓練や町消防団大登班による消火訓練などを行い、いざという時の対処方法を確認しました。

 

また、会津坂下消防署三島出張所の皆さんによる消火器の使い方についての説明や効率よく火を消すための方法を学び、実際に消火を体験しました。

効率的な消火については「火の根元を狙い、ほうきで払うように消す」

消火器を使用する際は「必ず退路を確保し、天井まで届くような火の場合は避難を優先する」そうです。

 

みしま4

 

火事が起こらないのが一番ですが、いざ起きてしまった時に被害を最小限に抑えられるようにご家族、ご近所の方と話してみる良い機会かもしれませんね。

まだまだ寒い季節が続きます。暖房器具や火の元の取り扱いについて十分に注意し、火事を起こさないよう気をつけましょう。

Top