YYサークル『秋の栗拾い』

9月19日水曜日、「YY(わいわい)サークル」のレクリエーションとして、西方地区の大林公園にて栗拾いが行われました。

 

「YYサークル」は三島・金山・昭和・柳津の4町村が連携し、精神的な障害を持った方の自立支援などを目的として行っているもので、月1回ほどの頻度で定期的にお花見やバーベキューなどの季節に合わせたレクリエーションと「SST(Social Skills Training)」と呼ばれる社会生活に対応するための技能訓練や日常生活においての自己管理技能の訓練などを行っています。

 

レクリエーション等は各町村が持ち回りで行っており、今回三島町で行われた栗拾いには各町村からおよそ20名ほどの方が参加され、大林公園の道沿いを歩きながら栗を拾って集めました。

 

栗拾い3

栗拾い4

 

みなさん、栗拾いに慣れているようで“いが”のついた栗を器用に足でむいて、中の栗を取り出していました。

 

栗拾い2

 

栗拾い1

 

時期としてはまだ少し早かったようで栗の木には、成熟していない緑の栗が多くついていましたが、それでも、みなさんは根気よく集めて、各自が持参した袋がいっぱいになるほどの栗を拾い、大変満足そうでした。

Top