国重要文化財に新指定された荒屋敷遺跡出土品展が開催中!

6月5日から7月1日まで三島町交流センター山びこで「荒屋敷遺跡出土品展」が開催されています。

 

荒屋敷遺跡出土品展リサイズ

 

この荒屋敷遺跡は昭和60年代に発掘された縄文時代晩期の遺跡だそうで、平成30年3月に遺跡から出土された遺物589点が国の重要文化財として指定を受けた非常に貴重な遺跡なのです。

 

荒屋敷遺跡が全国的にも稀だといわれる理由は、遺跡が低湿地地帯にあったため有機物の遺物が残っており、他では見られない木製品や漆塗製品などが見つかった点だということです。

 

arayasiki3

 

arayasiki2

 

遺跡展では斧に使われていた木製の柄や紐をまいた跡が残っている弓などの有機物が、一部崩れてはいるもののとても綺麗な形で展示されていました。

 

 

荒屋敷遺跡出土品展は7月1日まで山びこで開催されていますので、この機会にぜひ貴重な遺物の数々をご覧にください。

 

詳しくは交流センター山びこホームページをご覧ください。

Top