平成30年鳥追い

1月14日、桧原地区にて子どもたちの鳥追い行列が地区内を練り歩きました。

鳥追いとは集落を歩きながら、昔から伝わる歌で害鳥を追い払い、豊作を願う小正月行事です。

 

鳥追い2

 

14日の夜7時頃、厳しい寒さのなか、子どもたちはそろぞれが鳥の絵が書かれている旗を持って桧原地区の集会所から出発。元気よく歌を歌いながら集落を往復し、約1時間ほどかけて集落を練り歩きました。

 

鳥追い1

 

地区の住民の方が鳥追い行列を見物していると、子どもたちが駆け寄って旗を手渡す場面がありました。

代々受け継がれていく伝統行事は子どもたちと住民の方たちとの接点を生み出す機会でもあるのか、考えさせられる場面でした。

Top