【お知らせ】新型コロナウィルス関連感染症について

■はじめに

 中国湖北省武漢市を中心に感染の影響を生じている新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が、国内でも感染者が増加の傾向にあります。

 三島町においても、速やかな対応をとる必要性があることから、「三島町新型コロナウィルス感染症対策本部」を設置しました。

 併せて、三島町においても相談窓口を開設しましたので、ご心配なことがありましたら下記までお電話ください。

◆ 相談窓口 三島町役場 保健福祉係

・ 電話 0241-48-5565

・ 受付 8時30分~17時15分(平日のみ)

 

■新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴【2月25日時点】

 

<感染の仕方>
一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。
 
飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

<感染力>
感染力は事例によって様々です。
 
<一般的な症状と重症化するリスク>
発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。
 
罹患しても軽症であったり、治癒する例も多いとされています。一方、重症度は、致死率がきわめて高い感染症(エボラ出血熱等)ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高まります。

 

■ お願い

 

 国、福島県での注意喚起のとおり、インフルエンザの流行時期でもあることから、咳エチケット(マスクを着用する等)や手洗いの徹底等の通常の感染症予防をお願いします。

 また福島県では「帰国者・接触者外来(医療機関)」「帰国者・接触者相談センター(県内各保健所内)」を開設しました。

 

 次の症状がある方は、医療機関を受診する前に「帰国者・接触者相談センター(会津保健所:0242‐29‐5203にご連絡をお願いいたします。

 

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない方も含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患等のある方は上の状態が2日程度続く場合には相談ください。

 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。

 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診ください。

 

 なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配がある時には、通常と同様にかかりつけ医等にご相談ください。

 

 会津管内における帰国者・接触者相談センターの連絡先は下記のとおりです。

〇会津保健所(会津保健福祉事務所)

  ・ 電話 0242-29-5203

  ・ 受付 9時00分~17時00分(平日のみ)

 0005996440002

   新型コロナウィルスを防ぐには(令和2年2月25日改訂版)

 

 〇 日常生活で気を付けること

 

 まずは手洗いが大切です。外出からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所をさけるなど、より一層注意ください。

 発熱等の風邪の症状が見られときは、学校や会社を休んでください。

 発熱等の風邪の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

 なお、手洗い方法等の詳細な感染症対策は下記の内容をご参考にしてください。

 

 プリント プリント

 

 

      感染症対策チラシ           咳エチケットチラシ       

プリント mask

     手洗いチラシ                 マスクについて

 

 

※出典:首相官邸ホームページ(http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

  ◆ 三島町

   〇保健福祉係

   ・ 電話 0241-48-5565

   ・ 受付 8時30分~17時15分(平日のみ)

  ◆ 福島県

   〇福島県相談専用ダイヤル

   ・ 電話 024-521-7871

   ・ 受付 8時30分~21時00分(平日のみ)
   〇会津保健所(会津保健福祉事務所)

   ・ 電話  0242ー29-5512 (医療薬事課)

   ・ 受付 8時30分から17時15分(平日のみ)

  ◆ 厚生労働省

   〇厚生労働省相談窓口

   ・ 電話 0120-565653(フリーダイヤル)

   ・ 受付 9時00分~21時00分 (土日・祝日も実施)

■参考情報

◆福島県 新型コロナウィルス関連感染症について

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045c/kansenkangokango68.html

◆厚生労働省 新型コロナウィルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

◆内閣官房 新型コロナウイルス感染症の対応について

https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

【三島町新型コロナウィルス感染症対策本部の設置について】

1 名称 

 三島町新型コロナウィルス感染症対策本部  (令和2年2月25日(火) 午前9時 設置)

2 組織

(1) 本部長 町長

(2) 副本部長 副町長、教育長

(3) 本部員  各課等の長  

(4) 事務局 保健福祉係 

3 主な対応

(1) 情報収集・提供

ア 相談窓口の設置

◆ 相談窓口 三島町 町民課 保健福祉係

   ・ 電話 0241-48-5565

   ・ 時間 8時30分~17時15分(平日のみ)

 イ ホームページの設置

〇 マスク着用、咳エチケット、手洗い等の個人レベルでの感染管理

〇 上記 ア「相談窓口」及び厚生労働省、福島県の相談窓口の情報等の掲載

 ウ 関係機関等との連絡体制

 エ 町関係機関及び観光事業者等への注意喚起

(2) まん延防止対策

 ア 公共施設へのアルコール消毒剤の配置

 イ マスク、アルコール消毒剤の適正管理(備蓄品の管理、不足数の確保等)

【このページに対する問い合わせ先】

三島町

町民課 保健福祉係 電話0241-48-5565(直通)

お問合せ先

町民課

所在地:〒969-7511 福島県大沼郡三島町大字宮下字宮下350

TEL:0241-48-5555(町民係) /0241-48-5565(保健福祉係) FAX:0241-48-5544

MAIL:choumin@town.mishima.fukushima.jp

Top